仮免許から合宿免許への参入

###Site Name###

自動車の運転免許証を取得しようする場合、はじめは第一段階とよばれるプロセスにはじまって、修了検定や仮免許試験を受けて、これに合格をすれば、仮免許証が交付され、以後は仮免許練習中の掲示をすることによって、公道での練習が可能となります。
この公道に出て練習ができるようになるプロセスが第二段階とよばれています。



ところが、自宅からドライビングスクールに通学をして、一生懸命に仮免許証の取得まではこぎつけたものの、学校の夏休みが終わって忙しくなるなどして、そこで通学が難しくなってしまうということは多いものです。そのまま放置してしまったり、ドライビングスクールを途中で退校してしまうというのは、これまでの努力を考えると、ひじょうにもったいないことです。

こうした場合、合宿免許のプログラムを使って、仮免許以降の第二段階からの教習を受けて、最終的な運転免許証の取得をめざすという方法があります。



合宿免許といえば、まだ運転免許証をもたない初心者のものと考えがちですが、さまざまな理由で仮免許証までは取得できたものの、その後の教習が進められなかった人にも門戸を開いています。一般的な合宿免許の期間は、オートマチック車の場合でも2週間程度といわれていますが、もしも仮免許証まで取得した人が中途で参入する場合には、その半分の1週間ちょっとでドライビングスクールを卒業することが可能ですので、だらだらと通学を続けるよりも、かなり効率的であるといえます。