合宿免許での期間の延長について

###Site Name###

合宿免許は、ドライビングスクールに近接したホテルや宿舎に泊まりがけとすることによって、無駄な時間をなくし、効率的に教習が受けられるようにして、最短の期間での卒業を目標としているものです。


そのため、自宅からドライビングスクールに通学をするのとは違って、標準的な日数というものが設けられていて、オートマチックの普通車の運転免許を取得するためのコースであれば、おおむね2週間程度が、この標準的な日数にあたります。



しかし、運転免許の取得が大学の勉強などとは異なるのは、実際に自動車のハンドルを握って運転するという、技能教習が含まれているというところです。そのため、運動神経がにぶい人の場合には、日々の技能教習でも他の人たちよりも遅れが出てしまう可能性がありますし、節目にあたって実施される仮免許試験や卒業検定などにも合格できないおそれがあります。

こうした場合、どのようなポイントでつまずいたのかを丁寧に指導してもらって、クリアできるまで再チャレンジするということになります。
もちろん標準的な日数は超過してしまいますが、合宿免許ではありがちなことですので、あまり気に病む必要はないでしょう。



問題は延長した場合の料金ですが、当然ながら教習代と宿泊代のどちらも追加で料金が必要となってくるのは避けられません。ただし、卒業まで保証としている合宿免許のプランであれば、日数超過の場合でも、追加料金なしで卒業まで至ることができるので安心です。