シーズンオフの合宿免許と個室利用

###Site Name###

合宿免許を申し込んだ場合、現地ではドライビングスクールに近い場所にあるホテルに宿泊するか、またはドライビングスクールの敷地のなかにある寄宿舎に宿泊するパターンが多いといえます。

この場合、夏休みや冬休みなどの学生で混みあうシーズンの合宿免許であれば、4人1組程度で同じ部屋に宿泊をする、いわゆる相部屋になってしまうことがほとんどです。

もしも友人どうしのグループで行動できるのであれば、それほど問題はないかもしれませんが、部屋数のつごうによりグループから切り離されてしまったり、またははじめから1人で申し込みをしたという場合には、入学からすくなくとも2週間程度を同じ部屋ですごさなければなりませんので、心情的にはあまり気分のよいものにはならないかもしれません。
そこで、こうした場合には、オフシーズンの合宿免許のプランにわざわざ申し込みをして、個室付きの条件で参加をしたほうがよいかもしれません。



オフシーズンであれば、需要と供給の関係から、個室であったとしてもかなりの低料金で利用することが可能ですし、場合によってはホテルや寄宿舎ではなく、リゾート顔負けのペンションやマンションなどの貸し切りもできるかもしれません。



部屋のグレードがそこまでではなかったとしても、個室であれば他人に気兼ねなく自由時間をすごすことができますので、2週間以上にもなる合宿免許にはうってつけといえます。


ただし、安いプランでは他の割引制度との併用ができない場合もありますので、その点は確認しておいたほうがよいでしょう。