合宿免許の料金の支払い時期

###Site Name###

合宿免許は、入学が可能な日が年間計画のなかで決められていますので、締め切りの日までに予約を済ませておくという段取りになります。

合宿免許のプランにはさまざまなものがありますが、たとえばオートマチック車の運転免許の取得のコースを考えると、だいたい30万円程度のお金が必要となってきます。


これは、学科教習や技能教習の教習代、テキスト代、各種試験の受験料のほか、現地での食事代や宿泊費などがかかってくるためです。

割安のプランの場合は、現地での宿泊先がホテルではなく、ドライビングスクールの敷地内に建てられている宿舎であったり、食事が自炊対応になっていたりもしますが、そうしたものであっても、20万円台がせいぜいであるといえます。

このような合宿免許の料金ですが、もしも現金で一括して支払うという場合には、おおむね入学日の1か月程度前までに、指定の銀行口座に振り込むというのが一般的となっています。

あまりにも大金のため、一度には支払いが難しいという場合であれば、ドライビングスクールで案内している提携ローンを利用するという方法もあります。



この場合は金融機関の審査を通過することが大前提ですが、もしも審査にパスしてローンの利用が可能となった場合は、通常は入校日の翌月あたりから、毎月一定の金額にわけての分割払いがはじまります。



基本的には本人の銀行口座から指定日に勝手に引き落としされるというスタイルになりますので、どこかの銀行に口座が開設されていることが必須となります。