合宿免許と試験について

###Site Name###

合宿免許は最短の期間で運転免許を取得できるとはいいますが、毎日の教習に参加していればフリーパスでドライビングスクールを卒業できるというものでもなく、その途中には知識や運転技術についての成果を問うための試験が設けられています。


このような試験を合格することができなければ、次の段階に進むことができませんので、何度でもやり直しになってしまうということは、覚えておいたほうがよいでしょう。


たとえば、入学したてのときには適性検査があり、ここで視力などが一定の基準に達しなければ、以後の教習を受けることが難しくなりますので、視力に不安があれば事前にメガネをそろえておくなどの対応が必要です。
また、第一段階とよばれるプロセスをすべてクリアした場合には、修了検定が行われ、ここで運転技術が試されます。

さらに仮免許学科試験もあり、こちらでも安全運転をするための知識が問われることになります。



その後の第二段階が終わったところでも、合宿免許の総仕上げとしての卒業検定がありますので、この試験に合格しなければ、ドライビングスクールを卒業することはできません。



卒業した後についても、実は住所地の警察の運転免許試験センターで、本番の試験を受ける必要があり、これに合格することによって、ようやく正式な運転免許を取得することが可能となるのです。


なお、合宿免許で修了検定などに合格できなかった場合は、ほぼマンツーマンで補習の授業が行われて、不都合があった部分を教えてもらえるのがふつうです。