合宿免許と食事の問題

###Site Name###

合宿免許では、ドライビングスクールの周辺にあるホテルに宿泊したり、またはドライビングスクールが所有している寄宿舎に宿泊したりというのがふつうですので、現地での食事が心配になります。


しかし、実は一般的な合宿免許の場合には、食事は朝、昼、夕方の3食すべてが提供されることになっていて、ドライビングスクールのなかに専用の食堂もありますし、食事代についても合宿免許の料金のなかに含まれていますので、特に受講生のほうがみずから調達する必要はありません。



こうした食事についても、それぞれのドライビングスクールで受講生獲得のために趣向を凝らしたメニューを準備していることが多く、バイキング形式でどれでも自由に選ぶことができたり、地元の名産品が食べられたりといった楽しさがあります。



そのため、合宿免許選びにあたっても、どのような食事が提供されるかを基準にしてみるというのもよいかもしれません。


いっぽう、食事代が合宿免許の料金に含まれているということは、この食事代が節約できれば、トータルでの料金も割安になるということがいえます。


そこで、料金のほうにこだわるのであれば、食事なしとしているプランにわざわざ申し込むというのもひとつの方法です。



その場合ですが、たとえば宿泊先がウィークリーマンションのようなところに指定されていて、室内のミニキッチンで自炊できるようになっていたり、周囲に提携しているお店があり、割引で外食ができたりということになります。