合宿免許におけるステップ

###Site Name###

合宿免許では、ドライビングスクールへの自宅通学とは違って、最短期間で運転免許を手に入れることができるというメリットが大きいことはよく聞かれるところです。

しかし、合宿免許も自宅通学も、どのような内容の学習をするのかという基本的なプログラムそのものには変わりなく、毎日の時間割をより効率的に組んだり、自宅からの移動などの無駄な時間を省いたりといったところに負うところが多いといえます。

合宿免許では、初日から視力測定などの適性検査やオリエンテーションとともに、学科教習などがはじまるのが通例で、普通車の場合、ここから第一段階とよばれるプロセスとなります。

この段階では基本的に技能教習などもドライビングスクールの敷地内のコースだけということになりますが、履修すべきことがすべて終われば、修了検定や仮免許試験とよばれるもので、知識や技能のほどが判断されます。



これにみごとにパスすると、第二段階に進みますので、実際に公道を走行しながら運転技術をみがくということになります。



その後も卒業検定とよばれる試験があり、これに合格すれば、卒業を迎えることができます。


卒業後はそれぞれの自宅がある地域の運転免許センターに行き、本試験に合格することで、晴れて正式の運転免許が取得できることになります。



合宿免許で入学から卒業までの期間というのは、オートマチック車の場合で2週間程度とされていますので、まともに挑んでも数か月程度はかかるとされている自宅通学の場合と比較すると、たしかに大幅に期間の短縮になっているということがうかがえます。